タグ別アーカイブ: 交通事故

慰謝料の相談は示談交渉が得意な交通事故弁護士に

交通事故の示談交渉では、事故の解決策として加害者の保険会社と被害者が慰謝料をはじめとした賠償金の額を決めていきます。

保険会社は金額を提示して早めの示談に持ち込もうとしますが、慰謝料の計算基準はひとつではなく、どの基準を使うかによって金額は大きく変わってしまうので注意が必要です。

加害者からの賠償金を実際に支払うのは保険会社ですから、少なく計算される基準を使って安い賠償金を示している可能性があります。

その金額ですぐに示談としてしまうと被害者にとっては大きな損なので、出された金額が正当かどうかをチェックする必要があります。

しかし知識がないと難しいので、交通事故の被害者になってしまったら示談など交通事故問題に強い交通事故弁護士に相談して味方についてもらうのが得策です。

不幸を招く交通事故

交通事故が起こると被害者はもちろん、加害者にも多大な不利益を被る事になります。

交通事故は絶対になくしたいですね。交通事故で加害者となり被害者が死亡してしまったり、悪質な場合は、過失の罪に問われる事や有罪となることがあります。

また、被害者が亡くなってしまったという罪を一生忘れる事なく生き続けないといけません。これはきっと非常に辛い事でしょう。そう思えば普段からしっかりと周りに注意してルールを守る事が大切です。

交通事故をなくすために努力は必要でしょう。

相談先の決定が大事な交通事故の慰謝料

きっと交通事故の慰謝料で悩んでいる時には、誰かに相談する人が多いと思います。交通事故の慰謝料は相談する事が大事というより、むしろ誰に相談するかという事の方が大事と言えるかもしれません。

交通事故の慰謝料は法律家以外では解決が難しい場合も多く、家族など身近な人に相談すると慰める事はできても、実際に解決は難しいでしょう。

自分にも過失がある場合の交通事故の慰謝料であれば、より一層相談しにくく感じられるかもしれませんが、解決したいという気持ちがあるのであれば、法律家の中からいい人を選んで対応してもらいたいですね。

交通事故の慰謝料問題をよくするために、どうすればいいかを考えて行動したいですね。

交通事故弁護士に相談する場合の悩み

それが、弁護士に払う費用となります。弁護士事務所によって様々だと思います。まずは、ホームページなどでチェックしてみましょう。

また、交通事故の相談費用は自動車保険の弁護士特約で賄えますのでそれほど心配しなくてもいいかもしれません。今、加入の自動車保険をチェックしてみましょう。

保険会社からの交通事故慰謝料額の提示

もし、保険会社からの慰謝料の額に納得がいかない場合はどうすればいいのか?一般に保険会社の弁護士との交渉になるとは思いますが、うまくいかないのであれば、交通事故に強い弁護士にお願いするしかありません。

必ずうまくいくとは言えませんが、額が増額される可能性は十分あるかもしれません。まずは「交通事故に強い弁護士」を探すことから始めましょう。

「判例時報」や「自保ジャーナル」に掲載されるような実績のある弁護士事務所を探せばいいのです。