カテゴリー別アーカイブ: 保険会社からの交通事故慰謝料

慰謝料の相談は示談交渉が得意な交通事故弁護士に

交通事故の示談交渉では、事故の解決策として加害者の保険会社と被害者が慰謝料をはじめとした賠償金の額を決めていきます。

保険会社は金額を提示して早めの示談に持ち込もうとしますが、慰謝料の計算基準はひとつではなく、どの基準を使うかによって金額は大きく変わってしまうので注意が必要です。

加害者からの賠償金を実際に支払うのは保険会社ですから、少なく計算される基準を使って安い賠償金を示している可能性があります。

その金額ですぐに示談としてしまうと被害者にとっては大きな損なので、出された金額が正当かどうかをチェックする必要があります。

しかし知識がないと難しいので、交通事故の被害者になってしまったら示談など交通事故問題に強い交通事故弁護士に相談して味方についてもらうのが得策です。

交通事故慰謝料で泣かないために

自転車に乗る機会は多いと思いますが、交通事故に遭い自分が加害者になる可能性も十分に考えられます。

保険に加入していない場合には交通事故慰謝料で泣く事になるかもしれません。そうならない様にするために、自転車に乗る人のための保険もあります。加入しておけば交通事故が万が一発生して、慰謝料の支払いを求められた際にも安心ですね。

普段から注意して自転車に乗る事はもちろんですが、子供が急に飛び出したりする事もあると思います。気を付けるというだけでは、交通事故慰謝料の対策として十分とはいえない事もあるでしょう。

交通事故の慰謝料について考えてみてはどうでしょうか。
自分のためにも相手のためにも交通事故慰謝料対策は行っておきたいですね。

交通事故弁護士に相談すれば交渉が有利に

交通事故にあったら、多くの場合、加害者ではなく保険会社との示談となります。

保険会社はプロですので信頼できるといえば信頼できますが、営利目的でやっているため支払う金額をできるだけ少なくするのが仕事でもあります。そのため、相場よりも安いお金しか払ってもらえないこともあります。そんなときは、交通事故弁護士に相談をしてみましょう。

交通事故弁護士に代理人になってもらえば、交渉を有利にすすめることができます。

個人で交渉をしても任意保険の基準で慰謝料をもらうのが限界ですが、交通事故弁護士に代理人となってもらえば裁判所の基準で慰謝料がもらえます。場合によっては倍以上の金額になることもあります。

まずは交通事故弁護士に相談してみて、自分の場合ならどれだけ金額が違ってくるのか聞いてみるのもいいかもしれません。最近では初回相談料や着手金が無料の法律事務所も増えているので、費用の心配をせずに相談をすることができるのではないでしょうか。

保険会社からの交通事故慰謝料額の提示

もし、保険会社からの慰謝料の額に納得がいかない場合はどうすればいいのか?一般に保険会社の弁護士との交渉になるとは思いますが、うまくいかないのであれば、交通事故に強い弁護士にお願いするしかありません。

必ずうまくいくとは言えませんが、額が増額される可能性は十分あるかもしれません。まずは「交通事故に強い弁護士」を探すことから始めましょう。

「判例時報」や「自保ジャーナル」に掲載されるような実績のある弁護士事務所を探せばいいのです。