慰謝料の相談は示談交渉が得意な交通事故弁護士に

交通事故の示談交渉では、事故の解決策として加害者の保険会社と被害者が慰謝料をはじめとした賠償金の額を決めていきます。

保険会社は金額を提示して早めの示談に持ち込もうとしますが、慰謝料の計算基準はひとつではなく、どの基準を使うかによって金額は大きく変わってしまうので注意が必要です。

加害者からの賠償金を実際に支払うのは保険会社ですから、少なく計算される基準を使って安い賠償金を示している可能性があります。

その金額ですぐに示談としてしまうと被害者にとっては大きな損なので、出された金額が正当かどうかをチェックする必要があります。

しかし知識がないと難しいので、交通事故の被害者になってしまったら示談など交通事故問題に強い交通事故弁護士に相談して味方についてもらうのが得策です。

コメントは受け付けていません。