弁護士で交通事故慰謝料増額の可能性も

交通事故に遭ってしまった場合に、相手から慰謝料を提示される場合があります。もし提示された金額に何の不満もなければ話は別ですが、交通事故慰謝料の金額は弁護士が交渉することで、最初に提示された金額よりも増額できる場合が少なくありません。

これは交通事故慰謝料の支払い基準が単一ではないためで、交渉に参加してもらうことで支払い基準が変わり、より手厚い支払い基準が適用されるためです。

そのため交通事故に遭ってしまい、慰謝料が発生する場合には、ぜひとも早い段階から弁護士に相談することが得策ということができるでしょう。

関連

タイミングを考え交通事故の慰謝料の相談

基本的にいつまでに交通事故の慰謝料の相談をしないといけないと決まっている分けではありませんが、もし相談する予定があるのであれば、遅くならない様にしたいですね。

交通事故の慰謝料は、書類にサインをして同意をすると金額が変更になる可能性は低くなりますので、入力していない状態で書類を持って相談に行く様にしたいですね。

交通事故の慰謝料の相談と言っても内容は慰謝料だけにとどまる事なく、交通事故全般の相談をする事もできます。

たとえば、医療機関への対応や警察の対応を依頼する事もできます。

交通事故の慰謝料の相談は、手取り足取り世話をしてくれる事もあります。これはありがたい事ですね。

保険会社からの交通事故慰謝料額の提示

もし、保険会社からの慰謝料の額に納得がいかない場合はどうすればいいのか?一般に保険会社の弁護士との交渉になるとは思いますが、うまくいかないのであれば、交通事故に強い弁護士にお願いするしかありません。

必ずうまくいくとは言えませんが、額が増額される可能性は十分あるかもしれません。まずは「交通事故に強い弁護士」を探すことから始めましょう。

「判例時報」や「自保ジャーナル」に掲載されるような実績のある弁護士事務所を探せばいいのです。

交通事故慰謝料の表と裏

交通事故慰謝料は、交通事故の被害にあった人には欠かせないものであるし、怪我や損傷を負ってしまった場合にはとても助かるものです。

もちろんその相場は事故の程度によって様々であり、その事故と被害に見合った額が支払われるべきであります。現代において、交通事故慰謝料によって助けられたことがある方々も多々いるはずでしょう。

しかし、交通事故慰謝料の不当な請求というのもまた問題となっています。本人にしかわからない程度の怪我などを実際よりもひどいものだと被害者が装ったり、必要がなくなった後も永遠と病院へ通い続けることで慰謝料を多く請求するという事例があることも事実です。