弁護士で交通事故慰謝料増額の可能性も

交通事故に遭ってしまった場合に、相手から慰謝料を提示される場合があります。もし提示された金額に何の不満もなければ話は別ですが、交通事故慰謝料の金額は弁護士が交渉することで、最初に提示された金額よりも増額できる場合が少なくありません。
これは交通事故慰謝料の支払い基準が単一ではないためで、交渉に参加してもらうことで支払い基準が変わり、より手厚い支払い基準が適用されるためです。
そのため交通事故に遭ってしまい、慰謝料が発生する場合には、ぜひとも早い段階から弁護士に相談することが得策ということができるでしょう。