交通事故相談:自賠責保険における慰謝料とは

自賠責保険では、通院一日当たり8400円の慰謝料が支払われます。これは怪我の重症度にかかわらず一律です。

しかし上限があります。医療費や診断書などの文書料、休業補償などすべて合わせて120万円が限度です。任意保険会社がすべての手続きを代行している場合は、それらを合わせた総額が120万円以下に収まっているうちは、通院について口出しはしませんが、120万円を超えそうになると、通院について口を挟んできます。

交通事故相談では、120万円を超えそうになった頃を境に、任意保険会社から治療費を支払わないと言われた、という話がよく持ち込まれているようです。

関連

事故全般対応してくれる弁護士に交通事故相談

弁護士は交通事故において相手と慰謝料や示談金について交渉してくれるだけではありませんので、相談する意味は多いにあるかと思います。

弁護士に交通事故相談をすると、交渉の他にも、面倒な警察や病院の対応もしてくれますし、書類を提出しないといけない時にも手伝ってくれます。

交通事故で怪我を負っている場合には、家族や仕事の事など心配する事が多く、何も手に付かない状態になる人も多いみたいですが、交通事故全般に関する事を弁護士に相談できるというのは本当にありがたいですね。

藁をもすがる様な思いで交通事故相談ができる弁護士を探す人もいるでしょう。

弁護士に交通事故相談をする事で、早く日常に戻る事ができればいいですね。

少しでも減らしたい交通事故相談件数

弁護士会には、日々多くの交通事故に関する相談が寄せられています。それは、被害者からの相談であったり、加害者からの相談であったり、または当事者からか関係者からと、内容や状況も様々です。

交通事故そのものの件数が減れば、弁護士会に寄せられる相談件数も必然的に減ることとなります。交通事故は、事故をしてしまった側も事故された側も大きな傷を追います。

お互いが傷つくことのないよう、交通事故を減らすために、皆が注意やゆずりあいの精神をもつことが重要です。また、常に危機管理を想定して対応することも大切なことです。