交通事故相談と慰謝料と治療代について

交通事故に遭った時、被害者側に大きな問題がなければ、しっかりとした慰謝料を受け取れると考える人は少なくありませんが、慰謝料や示談金についての交渉は、加害者側の保険会社が担当する事が殆どです。

保険会社は少しでも支払いを少なく抑えようと交渉をしてくる事が殆どで、少ない示談金しか受け取れない状態になる事も少なくありません。
示談金を受け取れば、後遺症が出て、治療が必要になっても、それ以上、お金を請求する事は出来ません。

この状態を回避したいと考えたら、事故に遭った時点で、弁護士など、専門家に交通事故相談をしておく事がおすすめです。
それにより、納得できる慰謝料を受け取れるようになります。

関連

対面での交通事故相談

メールとか電話などで交通事故相談を受け付けている法律事務所もありますが、それは簡単な相談だけで本格的に交通事故の着手に入る前には、相談者が法律事務所に出かけて、書類の受け渡しや、交通事故の状況について正確に伝える必要があるでしょう。

最初は間接的なコンタクトだけで交通事故相談を済ませられるかもしれませんが、実際に法律家がアクションに移す前には、対面での交通事故相談をマストとしている事も多い様ですね。

自分の事ですので、面倒だと思わないで、丁寧に解決をしておきたいですね。対面で話をする事は、自分にとってもメリットとなる事もあり、相手の顔を見る事ができるので安心できたり、複雑な事も伝わりやすかったりします。

交通事故相談は信頼できる人に

交通事故にあったら、警察に電話するだけではなく、保険屋さんにも連絡します。そして、相手との金額交渉に保険屋さん同士で入ってくれます。交渉の中で金額にどうしても納得のいかないときは、弁護士会に連絡するのもひとつです。

保険屋同士の交渉だけではなかなかうまくいかないことも、法律を使って裁きを決めてくれる弁護士なら、さらに自分にとって好都合な金額を提示してくれるはずです。

もし、もっと自分は慰謝料をもらっていいはずだと思うのであれば、一度弁護士会に連絡をして、正しい金額を提示してもらうのが一番納得できます。