交通事故慰謝料に強い弁護士なら適正価格の慰謝料で交渉

交通事故慰謝料には、3つの計算基準があります。それは、自賠責・任意保険・弁護士または裁判の基準の3つです。算出される慰謝料の金額は、自賠責基準が最も安く、弁護士基準が一番高くなります。
被害者が損害賠償請求する金額は当事者間の示談交渉で決めますが、加害者は保険の示談代行サービスを利用するのが一般的なので交渉には保険会社の担当があたります。保険会社は示談のプロですし、賠償金額は可能な限り抑えたいところなので安い基準で計算した金額を提示してきますが、すぐに示談成立としてしまっては被害者は損をしてしまいます。
示談で損をしないためには、交通事故慰謝料問題が得意な法律事務所に早めに相談し、適正価格の慰謝料で交渉してもらうのが一番です。