交通事故弁護士に相談すれば交渉が有利に

交通事故にあったら、多くの場合、加害者ではなく保険会社との示談となります。

保険会社はプロですので信頼できるといえば信頼できますが、営利目的でやっているため支払う金額をできるだけ少なくするのが仕事でもあります。そのため、相場よりも安いお金しか払ってもらえないこともあります。そんなときは、交通事故弁護士に相談をしてみましょう。

交通事故弁護士に代理人になってもらえば、交渉を有利にすすめることができます。

個人で交渉をしても任意保険の基準で慰謝料をもらうのが限界ですが、交通事故弁護士に代理人となってもらえば裁判所の基準で慰謝料がもらえます。場合によっては倍以上の金額になることもあります。

まずは交通事故弁護士に相談してみて、自分の場合ならどれだけ金額が違ってくるのか聞いてみるのもいいかもしれません。最近では初回相談料や着手金が無料の法律事務所も増えているので、費用の心配をせずに相談をすることができるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。