交通事故弁護士に相談し交渉してもらうのが一番です

もし交通事故に合われたら、経験豊富な交通時弁護士をお探しください。通常の民事事件と異なり、交通事故には独自の算定方法や判例が数多いからです。また相手となるのは、加害者本人、加害者の保険会社、更にはその保険会社のお抱えの交通事故弁護士となります。

通常は、加害者の保険会社と交渉することになりますが、なかなか手強いのです。保険会社との交渉が決裂した場合は交通事故弁護士が登場しますが、相当な法律知識がなければ太刀打ちできずに、ほとんどの場合言いくるめられ、泣き寝入りすることもあるでしょう。そんなことにならぬよう、腕利きの交通事故弁護士に相談するのが一番です。