交通事故弁護士に相談して医療サポートを受ける

交通事故の被害者になってしまうと、心身や持ち物に大きな損害を被ります。この損害分を加害者に請求するのが損害賠償請求です。

損壊賠償請求できる項目のひとつに、慰謝料があります。慰謝料は交通事故で受けた精神的なダメージに対しての賠償金です。またもしも後遺障害が残ってしまうと、その障害分の慰謝料も加算して請求することができます。

後遺障害の慰謝料額は、医師の認定する後遺障害等級によって変わってきます。交通事故に遭ってしまったら、早めに交通事故弁護士に相談しておくとこの後遺障害の認定等級申請に関するアドバイスや、必要な書類についての医療サポートも受けることができます。
後遺障害の慰謝料額で損をしないためには、早期の段階で交通事故弁護士に相談するのが何よりです。

関連

交通事故弁護士に相談すれば交渉が有利に

交通事故にあったら、多くの場合、加害者ではなく保険会社との示談となります。

保険会社はプロですので信頼できるといえば信頼できますが、営利目的でやっているため支払う金額をできるだけ少なくするのが仕事でもあります。そのため、相場よりも安いお金しか払ってもらえないこともあります。そんなときは、弁護士に交通事故の相談をしてみましょう。

交通事故弁護士に代理人になってもらえば、交渉を有利にすすめることができます。

個人で交渉をしても任意保険の基準で慰謝料をもらうのが限界ですが、交通事故弁護士に代理人となってもらえば裁判所の基準で慰謝料がもらえます。場合によっては倍以上の金額になることもあります。

まずは交通事故弁護士に相談してみて、自分の場合ならどれだけ金額が違ってくるのか聞いてみるのもいいかもしれません。最近では初回相談料や着手金が無料の法律事務所も増えているので、費用の心配をせずに相談をすることができるのではないでしょうか。

交通事故弁護士の必要性

交通事故に遭わないに越した事はないのでしょうが、交通事故に遭ってしまった場合について考えた事はあるでしょうか。もしも、交通事故に遭い労働に著しい支障等ある場合には後遺障害認定を受ける事が可能です。

障害に応じて書類を提出し等級判定や賠償金の判定をするのですが、自分一人でやろうとしてもどんな書類が必要なのかわからないですし、等級や賠償金の判定が不服であった場合には再度申請しなおさなければなりません。

そんな時に頼りになるのが交通事故弁護士です。交通事故専門で弁護をしてきているので、詳しく丁寧に寄り添ってくれます。