交通事故における慰謝料の相場

交通事故における慰謝料の相場は、ケガの程度や入院・通院日数によって決まります。また、加害者側が任意保険に入っているかどうかによっても変わってきます。

任意保険の場合は各保険会社によって基準が定められているため、共通の計算式はないが、通院の場合は一月当たり12万円程度、入院の場合は25万円程度です

。加害者が任意保険に入っていない自賠責保険のみの場合は、入通院日に対して「1日いくら」という基準が定められており、日額4200円です。「初診から治療終了までの日数」もしくは「実際の通院日数の2倍の合計」、この2つのうち少ない方の日数に4200円をかけて計算します。

交通事故慰謝料の金額

交通事故の発生により、相手との過失割合によって慰謝料の支払いが発生することがあります。その際に話し合いの状況や、自身の損害保険の保障内容等によっても慰謝料の支払い金額が大きく変わる場合があります。

例えば事故を起こした人が損害保険を通して、慰謝料等の支払いを行った場合は、保険会社が決めた相場による金額が適用され、ケガの内容や精神的なストレスに関わらず、通院や入院した日数に対する慰謝料しか支払われません。

しかし、自身の保険で弁護士特約をつけていた場合、無料で弁護士に間に入ってもらい精神的苦痛によるストレスの状態等も考慮した金額を請求できこのような事例の場合、数万円ほど慰謝料の金額が変わります。

関連

交通事故慰謝料について考えること

交通事故は、毎日多発していますが、交通事故に関しての事例において、慰謝料についてのトラブルが多くあることでしょう。それで、交通事故にあったなら、交通事故に詳しい、交通事故弁護士さんに早めに相談することが最善だと言えるかもしれません。

交通事故に最善な仕方で対処するために、有益なアドバイスをしてくれるでしょうし、慰謝料などの話し合いを任せることが出来るので、被害者の方は、怪我をしているならば、安心して治療に専念することが出来るでしょうし、パニックにならずに、冷静沈着に交通事故に対処することが出来るかと思われます。