慰謝料の相談は示談交渉が得意な交通事故弁護士に

交通事故の示談交渉では、事故の解決策として加害者の保険会社と被害者が慰謝料をはじめとした賠償金の額を決めていきます。

保険会社は金額を提示して早めの示談に持ち込もうとしますが、慰謝料の計算基準はひとつではなく、どの基準を使うかによって金額は大きく変わってしまうので注意が必要です。

加害者からの賠償金を実際に支払うのは保険会社ですから、少なく計算される基準を使って安い賠償金を示している可能性があります。

その金額ですぐに示談としてしまうと被害者にとっては大きな損なので、出された金額が正当かどうかをチェックする必要があります。

しかし知識がないと難しいので、交通事故の被害者になってしまったら示談など交通事故問題に強い交通事故弁護士に相談して味方についてもらうのが得策です。

事故全般対応してくれる弁護士に交通事故相談

弁護士は交通事故において相手と慰謝料や示談金について交渉してくれるだけではありませんので、相談する意味は多いにあるかと思います。

弁護士に交通事故相談をすると、交渉の他にも、面倒な警察や病院の対応もしてくれますし、書類を提出しないといけない時にも手伝ってくれます。

交通事故で怪我を負っている場合には、家族や仕事の事など心配する事が多く、何も手に付かない状態になる人も多いみたいですが、交通事故全般に関する事を弁護士に相談できるというのは本当にありがたいですね。

藁をもすがる様な思いで交通事故相談ができる弁護士を探す人もいるでしょう。

弁護士に交通事故相談をする事で、早く日常に戻る事ができればいいですね。

交通事故慰謝料で泣かないために

自転車に乗る機会は多いと思いますが、交通事故に遭い自分が加害者になる可能性も十分に考えられます。

保険に加入していない場合には交通事故慰謝料で泣く事になるかもしれません。そうならない様にするために、自転車に乗る人のための保険もあります。加入しておけば交通事故が万が一発生して、慰謝料の支払いを求められた際にも安心ですね。

普段から注意して自転車に乗る事はもちろんですが、子供が急に飛び出したりする事もあると思います。気を付けるというだけでは、交通事故慰謝料の対策として十分とはいえない事もあるでしょう。

交通事故の慰謝料について考えてみてはどうでしょうか。
自分のためにも相手のためにも交通事故慰謝料対策は行っておきたいですね。

連絡しやすい交通事故弁護士

きっと実際に依頼するとなると、交通事故弁護士とかなり頻繁に連絡を取る事になると思います。ですので、交通事故弁護士はできるだけ連絡が取りやすい人の方がいいかと思います。

交通事故弁護士の中には、事務所の電話番号を教えてくれるだけでなく、緊急の場合の携帯電話の番号なども教えてくれる場合もあるかもしれません。

交通事故弁護士が不在であっても、連絡がつきやすいのではないでしょうか。すぐに伝えないといけない事があった際に助かりますね。交通事故弁護士の中でも出張があったり、仕事で外出する事は多いかと思います。できれば依頼をしてしまう前にいろんなケースについて考える様にしたいですね。

交通事故弁護士の成功報酬の相場は?

交通事故弁護士に依頼をした場合の費用は、法律事務所によって料金設定は異なるものの、着手金が20万円、成功報酬10%というのが相場のようです。

最近では着手金がゼロというところも増えてきていますが、その場合は成功報酬が20%になるようです。よく誤解されていますが、慰謝料が200万円とれたらその10%の報酬がかかるという意味ではありません。

保険会社から提示された慰謝料が100万円で、200万円に増額できたら増額分の100万円の10%である10万円が報酬になります。

このように、それなりに高額な費用がかかりますので、まずは交通事故相談をしてみてメリットがあるかどうかを判断しましょう。