交通事故弁護士について

交通事故に遭ってから慰謝料が支払われるまでは時間がかかります。
もし、示談交渉がこじれてしまうとその段階から弁護士を探さないとなりません。そうなると解決するまでに時間が更にかかってしまうことになりかねません。

そういったことを避けるために、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。
不安な方は交通事故専門の弁護士による無料相談などがあるので利用すると良いでしょう。

また、市町村の交通事故相談窓口や民間の相談機関などもたくさんあります。

交通事故による慰謝料は弁護士相談

http://www.vivirengrado.com/

もしものときのために知っておこう 交通事故相談

もしもの時といえば、自然災害を思い浮かべるかもしれませんが、交通事故もそのもしもの時のひとつに数えられます。怪我なく済めば不幸中の幸いと胸をなでおろすことができるかもしれませんが、被害者・加害者双方どちらかになるかもしれません。

そんなとき、困っている市民のアドバイザーとなってくれるのが、法律の専門家である弁護士です。1日も早く被害弁償を受けたい、後遺障害の等級に納得がいかない、過失割合に納得がいかないなどの相談に乗ってくれるそうです。

交通事故を専門に扱う弁護士については、弁護士会に問い合わせてみると良いでしょう。

関連

交通事故弁護士の探し方について

交通事故弁護士とは、交通事故問題に詳しい弁護士のことを指します。弁護士は、広い法領域すべてに対処するのが困難で、一般的に得意領域を持っています。

交通事故弁護士は、交通事故問題を得意としているので、交通事故による被害で悩んでいる方にはおすすめです。

交通事故弁護士の探し方としておすすめなのが、法律事務所のホームページを見てみることです。ホームページは、一般的に、得意としている分野についてや、扱ってきた事件についての情報が載っているため、交通事故問題を得意とする人や、積極的な使っている人も容易に探すことができます。

交通事故弁護士の成功報酬の相場は?

交通事故弁護士に依頼をした場合の費用は、法律事務所によって料金設定は異なるものの、着手金が20万円、成功報酬10%というのが相場のようです。

最近では着手金がゼロというところも増えてきていますが、その場合は成功報酬が20%になるようです。よく誤解されていますが、慰謝料が200万円とれたらその10%の報酬がかかるという意味ではありません。

保険会社から提示された慰謝料が100万円で、200万円に増額できたら増額分の100万円の10%である10万円が報酬になります。

このように、それなりに高額な費用がかかりますので、まずは交通事故相談をしてみてメリットがあるかどうかを判断しましょう。

連絡しやすい交通事故弁護士

きっと実際に依頼するとなると、交通事故弁護士とかなり頻繁に連絡を取る事になると思います。ですので、交通事故弁護士はできるだけ連絡が取りやすい人の方がいいかと思います。

交通事故弁護士の中には、事務所の電話番号を教えてくれるだけでなく、緊急の場合の携帯電話の番号なども教えてくれる場合もあるかもしれません。

交通事故弁護士が不在であっても、連絡がつきやすいのではないでしょうか。すぐに伝えないといけない事があった際に助かりますね。交通事故弁護士の中でも出張があったり、仕事で外出する事は多いかと思います。できれば依頼をしてしまう前にいろんなケースについて考える様にしたいですね。

慰謝料の相談は示談交渉が得意な交通事故弁護士に

交通事故の示談交渉では、事故の解決策として加害者の保険会社と被害者が慰謝料をはじめとした賠償金の額を決めていきます。

保険会社は金額を提示して早めの示談に持ち込もうとしますが、慰謝料の計算基準はひとつではなく、どの基準を使うかによって金額は大きく変わってしまうので注意が必要です。

加害者からの賠償金を実際に支払うのは保険会社ですから、少なく計算される基準を使って安い賠償金を示している可能性があります。

その金額ですぐに示談としてしまうと被害者にとっては大きな損なので、出された金額が正当かどうかをチェックする必要があります。

しかし知識がないと難しいので、交通事故の被害者になってしまったら示談など交通事故問題に強い交通事故弁護士に相談して味方についてもらうのが得策です。

交通事故弁護士に後遺障害を相談

交通事故に遇い、後遺障害に悩まされる人が多くいます。交通事故直後には気が動転してしまい、怪我や痛みに気づかないことがあります。そのまま相手と示談をしてしまい、後日痛みの症状に苦しみ、弁護士に相談する人が後を絶ちません。

弁護士は弁護士でも交通事故専門に扱う交通弁護士に相談することが、解決への近道となります。事故直後示談をするのではなく、数週間かけて怪我の無いことを確認してから示談が出来れば良いのですが、事故に遇うことで冷静な判断が下せなくなります。困った事態になっても、交通弁護士は貴方を助けてくれます。気軽に相談してみて下さい。